[ Horse ]


〜 顔のくつわの付け方 〜



顔のくつわはブラックの毛糸で付けます。
本では詳しいつけ方を掲載できなかったため、
こちらで付け方をご説明します。




端に玉結びを作った25cmほどの糸を用意して針に通しておきます。まずはたてがみの中に玉結びを隠して
糸を出し、
顎下
をぐるりと通り、ふたたびたてがみの中に入って止めつけます(玉結びはたてがみの中に隠しても、縫い目の間から内側に押し込んでもOK)。



次に、端に玉結びを作った25cmほどの糸を針に通し、顎下付近の縫い目の間から内側に入れます。玉結びは内側に
引き入れ(縫い目の大きめな箇所から入れると良い)、顎下の最初の糸を渡したあたりの縫い目の間から糸を出します。
出した糸は、
顎下より1.5cmほど上の箇所で結び目を作ってずれないようにし、鼻の上に渡し、裏面にも同様に結び目を作ります。
糸の残りに針を通し、顎下の縫い目の間から入れて内側に隠すようにします。小さな結び目を作ってから糸を入れ、
結び目が表に出てこないようにピンセットや針などで押し込みます。




※顎下付近はやや大きめに縫い合わせることを心がけると、玉結びを引き込んだり押し込んだりしやすくなります。



※鼻の上を渡す糸を顎下から出す時や、最後に縫い目から入れるときには、最初に顎下に通した糸を止めつけるように、
最初の糸の間から針を通して糸を出すと、最初の糸がずれません。