Kit
List Page



[ White & Brown Cat ] 





biew cart


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


    
    



EK-093


Tvistsom刺繍キット・Tapestry
[ White & Brown Cat ]



price : 1,950円 (税込2,145円)

Set
 

Add to cart
  


デンマーク製ウール糸でステッチするツヴィストソムのタペストリーです。
趣のあるメランジ調の糸を中心に使いました。素敵な糸ばかりでステッチする
のが楽しく感じられます。

ひとつ前の更新時にアップしたコットン糸使用のニードルポイントピンクッショ
ンキットの猫と同じモチーフをツヴィストソムでステッチしたものです。
コットン糸よりも太いウール糸使用のため、ニードルポイントキットよりもサイ
ズが大きくなりました。タペストリーに仕立て、裾にポンポンもふたつつけて
おしゃれをさせてみました。たっぷりと糸を使ったポンポン作りもお楽しみくだ
さい(ひとつに14m使用)。

モチーフは、房飾りのついた敷物の上で伸びをしながらこちらを見ている猫、と
いうイメージです。
毛糸ですと猫のふわもこ感が増して、あたたかみも増しました。明るめの色を使
いましたので、春の間でもお楽しみいただけそうです。


糸色は、ベースにグレイッシュブルー、敷物には"スィートピー"という色名の、
いろいろな色が混じった渋めなピンク、"アーモンド"という色名のベージュ、
チャコールブラック。房飾りはダークなワインカラーとローズカラー。
ポンポンもこの2色を使って作ります。ベリーのような、ちょっと美味しそうな
ポンポンが出来上がりました。
縁周りはアイボリー、ロバの毛並みのような"ドンキーブラウン"という色名の
グレイッシュなブラウン、猫はアイボリーと生成り色。"トリュフ"という色名の
薄いブラウン。目ははっきりとしたブルーです。
猫のボディや房飾りは陰影の雰囲気が出るように色分けしてあります。


キャンバス地にザクザクと気楽に刺していただけます。刺繍枠も不要です。
刺繍の目が多少乱れても、ちょっと間違っても、毛糸でのツヴィストソムはあま
りダメージが目立ちません。最後にスチームアイロンを当てると目が整います。


刺繍に使った糸を撚り合わせて作った上部のループを、ピンやフックに引っ掛け
て飾ることができます。

裏面はホワイト x ネイビーの小さな花柄コットン。裏面に折りたたんだ縁周りの
刺繍の目をすくって手縫いで縫い合わせます。糸が表に出ないため、ざっくりと
縫っても見た目がきれいに仕上がります。


作品サイズ

縦 : 約9.7〜9.8cm、横 約13.3cm、厚み : 約0.3〜0.4cm、
ポンポン直径 : 約2.6〜2.8cm

〜 キットに含まれているもの 〜

デンマーク製ウール糸(Holst garn)、ダブルキャンバス、
裏面用コットン生地、
作品サンプル写真、作り方説明書、図案


〜 ご用意いただくもの 〜

・クロスステッチ針(刺繍用。cloverクロスステッチ針no.19〜20、
またはDMCタペストリー針no.20〜22など)
・縫製用の先の尖った縫い針
・縫製用手縫い糸(縁周りの刺繍糸色と似たブラウン)
・しつけ糸
・鋏、アイロン、待ち針
・厚紙か薄手の段ボール板 6 x 3cmサイズを2枚(ポンポン制作に使用)

・ツヴィストソムの刺し方テキストとして、kicca著
『ツヴィストソムと北欧刺繍』(文化出版局刊)





※こちらはkicca著、文化出版局発行『ツヴィストソムと北欧刺繡』に掲載
されている"ツヴィストソムの基本の刺し方のページ"をご覧いただきながら
お作りいただくキットです。基本の刺し方の説明書はキットに含まれて
おりませんのでご注意ください。

書籍の販売ページへはこちらからお入りください。












※クリックポスト発送可(送料185円)

ご自宅郵便受けへの配達方法は、まれに紛失事故が起こってしまうことが
ございますため、ご心配な場合は郵便局留めをおすすめ致します。
郵便局留めについての詳細はページ下のショッピングガイドをご覧ください。








ご注文の際にはお手数ですが下記のショッピングガイドの内容をご一読下さい
ませ。

ご注文方法、送料や配送についての詳細が記載されています。
ご不明点、ご質問がございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

↓click






<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<



home