←Kit
Listpage



[  Bird - White  ]



biew cart
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<



  

  

  

  


「ツヴィストソムと北欧刺繍」掲載作品の中で、このクロスの柄はP.10ページのサンプラーとして 刺しています。このキットとは使用
生地、使用糸が異なります。


作品展での販売の際にセットしていたグリーンの糸の色が廃番となってしまったため、似たような系統の、 明るめなグリーンに変更しました。以前よりもはっきりとした色のため、ボーダー柄がはっきり出たような気がします。 若草のようなきれいなグリーンです。



  


裏用の布が下の生地に替わりました。以前は左上のようなネイビーにアイボリーの小花柄でしたが、 白地にネイビーっぽいブラックの、とても小さな小花柄の生地に替わりました。猫の柄の裏布と一緒です。


※下のタペストリーは廃番となった以前のグリーンの糸でステッチしたサンプルです。現在のグリーンの糸で ステッチしたサンプルが現在手元にありませんので、申し訳ありませんがこちらで雰囲気をご覧になって下さい。






 

 



<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


EK-007

Tvistsom 刺繍キット・Mini Tapestry
Bird - White


price : 1,200円 +Tax


Set

 

Add to cart

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


  color


刺繍糸の色  /
ホワイト(単色)、
チャコールグレー、ライトグリーン(どちらもメランジ調)
・紐、タッセルの色 / ライトグリーン


〜  おおよその出来上がりサイズ  〜

・本体の縦 : 約6.2cm、横 約5cm
・タッセル本体 : 長さ 約2.6cm
・つり下げた時の全長 / 約7.6cm






〜 キットに含まれているもの 〜

表用ダブルキャンバス生地、裏用コットン生地、
デンマーク製ウールコットン糸(Holst garn-SUPERSOFT)、
作品サンプルの写真、写真付き作り方説明書(ステッチする範囲の写真付き)
※糸は使用量よりも少し多めにセットしてあります。
※セットされた糸の中で、小さなカセのものがタッセル+紐用です。


※こちらはkiccaの本に掲載されている図案と、"ツヴィストソムの基本の
刺し方"のページをご覧いただきながら作っていただくキットです。
(ステッチの縦横の方向も表記されています)
図案、基本の刺し方説明書はキットには含まれておりませんので
ご注意ください。


〜 ご用意いただくもの 〜

クロスステッチ針(刺繍用。clover クロスステッチ針no.19〜20
またはDMCタペストリー針no.20〜22など)、
先の尖った縫い針(仕立てに使用。手縫い糸1本が通せるサイズ)、

仕立て用の手縫い糸、
kicca刺繍作品集「 ツヴィストソムと北欧刺繍 」





※裏用生地には織りの小さな節が入ることがございます。大きく目立つものは
避けてカットを 致しますが、あらかじめどうかご了承くださいませ。

※Holst garnの毛糸の染色のトーンは、ロットによって多少の異なりが
あることがございます。




※クリックポスト発送可(送料198円)

ご自宅郵便受けへの配達方法は、まれに紛失事故が起こってしまうことが
ございますため、 ご心配な場合は郵便局留めや簡易書留を おすすめ致します。
郵便局留めについての詳細はページ下のショッピングガイドをご覧ください。






※こちらのキットや図案等は商用にはご利用いただけません。
※ネット上での説明書の詳細内容、図案の公開はどうかご遠慮くださいませ。






糸のみの小分け販売はこちらではしておりません。
Holst garnのお取扱店については、本のp.95に明記されています
(実店舗&オンライン)。






ご注文の際にはお手数ですが下記のショッピングガイドの内容を
ご一読下さいませ。

ご注文方法、送料や配送についての詳細が記載されています。
ご不明点、ご質問がございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

click




<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<